保育園・保活情報ブログ

保育園に入りたいママ、ご家族のための保活を支援するための情報をお届けするブログ。

清瀬市における保育料の決まり方と、減額制度、手続き方法について解説

最近は待機児童問題などが話題になり、保育園に入れないという悩みがよく聞こえます。しかし、いざ保育園に入ってみると「毎月の保育料がだんだん家計の負担に…」と新しい悩みを抱えることもあるかもしれません。

厚生労働省の調査によると、児童1人あたりの平均月額保育料は「2万円〜3万円」がもっとも多いといいます。これを1年に換算すると、24万円〜36万円。

「これ以上、保育料は安くならないの?」そんな疑問が頭をよぎる瞬間もあるのではないでしょうか。そこで今回は、清瀬市の認可保育園へ入園を検討している方に向けて、保育料の決まり方から、減額制度、さらにその手続きの方法まで紹介します。

今まで知らなかっただけで、申請すれば、保育料は今より安くできるかもしれませんよ。

本記事は清瀬市で保活を行う方に向けた記事です。(※記事内で紹介する保育園とは、行政から認可を受けた認可保育施設を指します)

 

f:id:machimachijp:20171120174111j:plain

清瀬市の認可保育園における保育料の決まり方

まずは、保育料がどのように決まるのか確認してみましょう。清瀬市では世帯の市町村民税所得割課税額に基づき、清瀬市保育園運営費徴収金基準額表により保育料を決定します。

平成29年4月~8月の保育料は平成28年度市町村民税所得割課税額により、9月~翌年3月の保育料は平成29年度市町村民税所得割課税額により決定します。

つまり、前年度と今年度の収入が異なる場合、年度途中で保育料が変更になる可能性があるというわけです。

詳しくは、下記の資料P. 12「平 成 30 年 度保育園等入園のしおり」をご覧ください。

保育料の決定について‐清瀬市

 

入所する保育園やクラスによっては、昼食代などが別途かかることもあります。気になる方は、入園を決める前に各施設に問い合わせてみましょう。
→近所のママに相談する

清瀬市における保育料の減額・免除制度

ここからは、気になる保育料の減額制度についてです。

転職や解雇などで世帯の所得に変化があったり、所得税の修正申告を行ったりした際は、保育料も変わります。必ず子育て支援課に連絡しましょう。

その他にも、保育料が減免されるケースも。たとえば災害や解雇など不測の事態が原因で、前年の3割以上の支出や、著しい所得の減少があったとき。この場合も保育料が減免される可能性がありますので、子育て支援課まで問い合わせてみてください。

清瀬市では以下のような事情がある場合、保育料が減額されるケースがあります。

  • ひとり親世帯等の減免

ひとり親世帯等で、世帯の市町村民税所得割合計額が77,101円未満の世帯については、保育料算定対象となる子どものうち第1子は約50%の減額、第2子以降は無料。

  • 寡婦(夫)控除のみなし適用について

また婚姻歴の無いひとり親世帯で児童扶養手当を受給している場合、寡婦(夫)控除がみなし適用。該当する方は子育て支援課保育・幼稚園係まで問い合わせてください。

  • 保育料の多子軽減

同一世帯で就学前児童が保育園・幼稚園等の在園又は利用の児童を保育料の算定対象人数とし、第2子は50%、第3子以降は無料。全ての児童が認可保育園に在籍の場合は保育料多子軽減の適用となりますので、申請は不要です。

→近所のママに相談する

清瀬市で保育料を減額する際の手続き

保育料の減額を受けるために必要な手続きですが、まずは必要書類をそろえる必要があります。その後、清瀬市役所子育て支援課に直接申し込む流れとなります。

清瀬市では条件によって必要書類が異なります。その状況を証明できる書類や申込書が必要ですが、いずれも郵送にて取り寄せが必要なので、まずは下記の窓口に電話で問い合わせてみましょう。

個別の保育料額に関する問合せ

問合せ先

電話番号

子育て支援課保育・幼稚園係

直通:042-497-2086(保育園・幼稚園)

代表:042-492-5111


保育料は、地域によって制度が異なり、自力で調べるのが難しいこともあります。そんなとき
ご近所SNS「マチマチ」なら、近所の先輩ママ・パパから実体験にもとづいたアドバイスをもらえるかもしれません。

自治体公認のサービスで近所の方と清瀬市保育園情報の交換をしてみよう

渋谷区や豊島区、文京区など首都圏の自治体が導入を決めているご近所SNS「マチマチ」。マチマチは、近所の人たちと様々な情報を交換することができるサービスです。ユーザーの中には、保育園・保活情報を交換し合う方もいます。保育園・保活情報を探している方は、ぜひチェックしてみてください!

近所のママや保育園の人に直接聞く